妊娠線を予防するには?予防のヒント3つと保湿クリームの選び方

妊娠線 予防

「妊娠線は絶対に作りたくない‥!」

だんだんお腹が大きくなるにつれ、妊娠線ができそうで心配になりますね。妊娠線は一度できるとなかなか消えないため、できるだけ早いうちから予防対策を始めたいものです。

・妊娠線を予防するコツを教えて!
・皮膚の保湿ケアに使うクリームの選び方は?
・妊娠線の予防に覚えておきたいことは?

妊娠線を予防したいプレママに。妊娠線を予防するためのヒントや、保湿クリームの選び方などについて、まとめてみました!







妊娠線の予防は早めに始めよう

妊娠線 予防

妊娠線は、お腹が急に大きくなるペースに皮膚の伸びが追いつけず、表皮の下にある「真皮」「皮下組織」がひび割れてしまうことで出来ます。

妊娠線ができやすくなる時期は、お腹が一気に大きくなる7ヶ月頃から。ただし妊娠線の出来やすさには個人差があり、5ヶ月頃からできる人もいれば、臨月になってからできる人もいます。また妊娠線が全くできない人もいます。

妊娠線ができる前は、肌が乾燥してかゆみを感じたり、お腹の皮膚がひっぱられるような感じがします。妊娠線ができる兆候を感じる前から、早めに妊娠線対策を始めたいものです。

妊娠線のでき始めは?妊娠線ができる兆候5つと対処法のヒント
「お腹の皮膚がムズムズとかゆい‥もしかして、妊娠線のでき始めのサイン?」 妊娠線は一度できてしまったら、産後も跡が残ってしまい...

妊娠線を予防するヒント3つ

妊娠線 予防

それでは妊娠線を予防するには、どんな点に気をつければいいのでしょうか。妊婦さんなら覚えておきたい「予防方法のヒント」3つを見てみましょう。

1)急な体重増加には注意!

妊娠線ができる原因は、一気に体重が増えて皮膚が引きのばされること。妊娠中は食欲が出て止まらなくなることもありますが、いきなり体重が増えないように注意しましょう。

妊婦さんの理想的な体重増加のペースは「毎月1~1.5キロ位」だと言われます。栄養バランスのよい食生活を心がけ、高カロリーな食事は控えましょう。体の負担にならない程度に運動することも大切です。

妊婦の体重増加、月に何キロまでOK?理想の増え方は?
「妊婦健診で、医者に『太りすぎ』って言われるのがイヤ‥どれくらいの体重増加が理想的なの?」 太りすぎると「難産になる」と言われ...

2)皮膚に刺激を与えない

妊娠中はホルモンバランスが変わるため、普段は肌トラブルのない人でも、皮膚がカサカサと乾燥しやすくなります。皮膚が乾燥してかゆみがある時は、できるだけ肌に負担をかけないように心がけて。

肌に直接触れる下着は、木綿など自然素材のものがおすすめです。体を締め付けない妊婦用の下着や、通気性のよいゆったりとした服を身につけるようにしましょう。

大きくなるお腹を支える「妊婦帯」や「マタニティガードル」などの着用も、妊娠線の予防に効果的。お腹を冷えからガードしてくれるだけでなく、急な皮膚の伸びを防いでくれます。

3)水分補給と保湿ケアを

肌の乾燥が進む妊娠中は、こまめに水分をとるように心がけましょう。冷たい飲み物は控え、温かいノンカフェインの飲み物で水分補給を。

また妊娠線予防には、皮膚の保湿ケアが欠かせません。肌にやさしい処方のクリームをこまめに塗って、肌内の水分を保ちましょう。特にお風呂上がりには、欠かさずクリームを塗る習慣を。

皮膚は乾燥すると柔軟性を失い、妊娠線ができやすくなってしまいます。適度な水分摂取と皮膚の保湿ケアで、肌のうるおいを保つよう心がけましょう。

妊娠線をできるだけ作らないようにするためには、急激に体重を増やさないことです。1日の食事の摂取エネルギーをコントロールしながら、予防に努めましょう。

体重管理とあわせて、保湿クリームや乳液を使ったマッサージを行うことも効果があります。ただし、妊娠初期には、流産のおそれもありますので、安定期に入った妊娠5ヶ月ごろから初めましょう。

マッサージは、肌にうるおいがあるお風呂上がりに行うのが効果的です。力を入れすぎないよう、やさしくゆっくりマッサージするのがコツです。気分が悪い時やおなかが張るときなどは、マッサージはお休みしましょう。

引用:「はじめての妊娠・出産・0歳育児」中林 正雄(PHPビジュアル実用BOOKS)p.89







効果的な保湿クリームの選び方は?

妊娠線 予防

それでは妊娠中の保湿ケアに使うクリームは、どんなものを選べばいいのでしょうか。保湿クリームには、薬局やドラッグストアで市販されているものもあれば、妊娠線を予防する専用のクリームもあり、何が選ぶか迷ってしまいますね。

妊婦さんのお肌はホルモン状態の変化により、乾燥しやすくなったり、敏感肌気味になることもあります。デリケートな状態の皮膚に負担をかけないよう、肌に優しい素材で出来たクリームを選ぶようにしましょう。

<妊娠線クリームの選び方のコツ>

・肌にやさしい処方のクリームを
→合成香料や合成着色料など無添加のものを選びましょう

・香りは控えめなものを
→妊娠中は匂いが気になるので、無香料・香りが控えめなものが安心

・妊娠線専用クリームもおすすめ
→妊婦さん専用の妊娠線クリームには、皮膚の修復を促すものもあります

妊娠線を予防する用途で作られたクリームには、皮膚の炎症を抑えたり、真皮層の修復をサポートする成分が含まれるものもあります。

皮膚のかゆみに悩まされている方や、うっすらと妊娠線が出来始めている方は、妊娠線をケアする用途で作られた専用クリームの使用が効果的です。

人気のおすすめ妊娠線クリームは?

妊娠線 予防

製品名 アロベビーフォーマム「ボディマーククリーム」
内容量 200ml(約1.5ヶ月分)
価格
定期初回:980円(送料無料)
2回以降:2970円(10%オフ)
単品価格:3300円
製造販売 株式会社N&O Life

アロベビーフォーマム「ボディクリーム」は効果・コスパともに優秀な妊娠線クリーム。その使い心地の良さから、多くの妊婦さんに人気です。

皮膚の炎症を抑える成分が含まれているので、妊娠線のかゆみに悩むママにおすすめ。妊娠線の予防だけでなく、産後ママのボディケアや、赤ちゃんの保湿ケアにも使用できます。

アロベビー妊娠線クリームの効果は?成分や使い方のコツは?
アロベビーといえば、肌にやさしいベビー用スキンケアで有名ですが、ママ用のアイテムもなかなか優秀。なかでも妊娠線を予防する「ボディマー...
アロベビー妊娠線クリームを980円でお試し!口コミ・レビューまとめ
アロベビー「ボディマーククリーム」は、肌にやさしい妊娠線予防クリーム。保湿力が高いだけでなく、炎症をおさえる成分も含まれるため「妊娠...

できることから、妊娠線の予防対策を!

妊娠線 予防

「しっかりケアをしていても、妊娠線ができる時はできる」とも言われます。確かに妊娠線のできやすさには個人差がありますが、「しっかり予防していた場合」と「全く予防しなかった場合」では、大きな差があるはずです。

妊娠線ができてしまってから「しっかりケアすればよかった!」と後悔するよりも、無理のない範囲で自分なりの予防対策を始めましょう。

お気に入りの保湿クリームでお腹をマッサージしながら、ゆったりリラックスして妊娠線ケアをして下さいね!

妊娠線クリームのおすすめは?効果・コスパで選ぶ人気クリーム3つ
「妊娠線クリームのおすすめは?」 妊娠線を予防するには、早いうちからお腹にクリームなどを塗って、保湿ケアすることが大切。でも保...







この記事を書いた人

執筆者:菜月

ブログランキング・応援お願いします。
▽       ▽
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする