妊娠5ヶ月(16週・17週・18週・19週)ママの症状と赤ちゃんの様子

妊娠 5ヶ月

妊娠5ヶ月はママと赤ちゃんの状態が安定してくる時期。お腹はぐんぐん大きくなりますが、多くのママが快適に過ごせるようになります。

妊婦健診では赤ちゃんの心音が聞こえるようになり、早い人は「胎動」を感じ始めます。

・妊娠5ヶ月目にみられる症状は?
・16~19週の赤ちゃんの様子は?
・妊娠5ヶ月ママが気をつけることは?

妊娠5ヶ月によく見られる症状や、この時期の赤ちゃんの様子、体調が安定しているうちに済ませておきたい事など、まとめてみました。







妊娠5ヶ月目にみられる症状

妊娠 5ヶ月 症状

妊娠5ヶ月(16週以降)になると、流産の可能性も低くなり、心身ともに安定してきます。体調をみながら外出をするなど、マタニティライフが楽しめる時期です。

ただお腹がどんどん大きくなり、背中や腰へかかる負担が増えるため、腰痛や背中の痛みに悩まされるママも増えてきます。子宮が周りの臓器を圧迫するようになるため、胃もたれや胸の圧迫感を感じることもあるでしょう。

また胎盤を通じて「鉄分」が胎児に与えられるので、ママは「鉄欠乏性貧血」になることも。ホルモンバランスの影響から、便秘がちになる場合もあります。

<妊娠5ヶ月にあらわれやすい症状>

・腰痛、背中の痛みを感じる
・貧血気味になる
・立ちくらみを感じやすくなる
・むくみやすくなる
・便秘がちになる

便秘を解消するためには、こまめな水分補給を心がけ、適度に体を動かすように心がけましょう。お風呂でゆっくり体を温めることも大切です。

妊婦さんの便秘対策!今すぐ役立つ生活習慣のヒント5つ
「便が出そうで出ない、気持ち悪いし、苦しい‥」 妊婦さんの便秘は、妊娠中の深刻な悩みのひとつ。何日も便が出ない状態が続くと、本...

お腹が痛い・張りが強い時は?

妊娠5ヶ月はいわゆる「安定期」ですが、腹痛やお腹の張りを感じる場合もあります。もしなかなか腹痛が治まらなかったり、出血が見られた時は、すぐに病院を受診しましょう。

お腹の張りを強く感じる場合や、立ちくらみがよく起きるときも、念のため受診しておくと安心です。

胎動を感じるようになる

妊娠5ヶ月は、赤ちゃんの胎動が感じられるようになる時期。胎動を感じることで、赤ちゃんを存在を身近に感じられるようになりますね。

ただ人によって羊水の量やお腹の壁の厚さは違うため、胎動を感じ始める時期には大きな個人差があります。

初めて妊娠した人の多くは、妊娠18~20週ごろから、お腹の赤ちゃんの動き「胎動」を感じるようになります。

お腹の赤ちゃんはもっと早い時期から動いているのですが、この頃から動きが活発になり、ママに伝わるようになります。

胎動の感じやすさは個人差が大きく、ママの体形や赤ちゃんの位置、ママの姿勢や時間帯でも違ってきます。

引用:「月数ごとに「見てわかる!」妊娠・出産新百科」監修:杉本充弘(ベネッセ・ムック たまひよブックス)p.78

胎動は赤ちゃんの成長に関する大事な情報なので、胎動を感じ始めたら、母子手帳などに記録しておきましょう。

もしあまり胎動が感じられない場合も、検診の超音波検査で「赤ちゃんは順調」と確認できれば、心配はいりません。

妊娠5ヶ月目のお腹の大きさ

妊娠 5ヶ月 お腹

妊娠5ヶ月になると、お腹の膨らみが次第に目立つようになります。ぐんぐん大きくなる胎児に栄養を送るために、ママの体全体に皮下脂肪がつき、ふっくらと丸みをおびた妊婦らしい体形になります。

この頃の子宮は大人の頭くらいの大きさで、子宮底長(恥骨の上端から子宮の上までの長さ)は約14~17cm。体重増加の目安は、妊娠前の体重+2~3㎏ほどです。

また乳腺が発達して乳房が大きくなり、母乳の生産を促すホルモンの分泌が始まります。乳頭から黄色っぽい母乳のようなものが出てくる場合もあるので、こまめに拭き取りましょう。

妊娠5ヶ月の赤ちゃんの様子

妊娠5ヶ月の赤ちゃんは、次第に骨が丈夫になり、筋肉がついてきます。運動機能を司る「前頭葉」も発達し、手足を自由に動かせるようになります。

この頃の胎児は身長約24㎝、体重は約240gで、鶏卵ほどの大きさです。皮膚に厚みがでて、皮下脂肪もつき始めます。この時期から髪の毛も生えてきます。

<お腹の赤ちゃんとのコミュニケーションを>

この時期から赤ちゃんの脳や聴覚、五感も発達するので、積極的にいろいろと話しかけてあげましょう。

お腹にやさしく触れたり、話しかけたりすることは「胎教」にもつながります。







妊娠5ヶ月ママが気をつけること

妊娠 5ヶ月 気をつけること

妊娠5ヶ月は心身ともに安定する時期。経過が順調なら、適度に体を動かすことを心がけ、出産にむけた「体力作り」を始めましょう。ウォーキングをしたり、マタニティエクササイズなどに参加してもいいですね。

それではこの時期のママは、毎日の生活でどんな事に気をつけて過ごせばいいのでしょうか。

体重増加のペースに注意!

妊娠5ヶ月は食欲が出てくる時期ですが、つい食べすぎて、一気に体重が増加しないよう注意しましょう。この頃の平均的な体重増加の目安は、妊娠前の体重+2~3㎏ほどです。

体重を管理するためには、栄養バランスのとれた食事と、適度な運動の習慣が大切です。体調がよく医師から許可が出ているなら、こまめに体を動かすようにしましょう。

ほどよく体を動かすことで、妊婦さん特有の腰痛や、背中の痛みが和らぐこともあります。

妊婦の体重増加、月に何キロまでOK?理想の増え方は?
「妊婦健診で、医者に『太りすぎ』って言われるのがイヤ‥どれくらいの体重増加が理想的なの?」 太りすぎると「難産になる」と言われ...

栄養バランスのとれた食生活を

妊婦さんは体重管理をして、一気に体重が増加しないよう心がけたいものですが、栄養不足にならないよう気をつけることも大切です。

妊婦さんが特にしっかり摂りたい栄養素は「タンパク質」と「鉄分」。タンパク質は赤ちゃんの筋肉や臓器などの材料になります。肉、魚、卵や大豆製品などの食材をバランスよく摂るように心がけましょう。

また鉄分が不足すると貧血気味になり、胎児に十分な栄養や酸素を供給できなくなる心配があります。鉄分を多く含む赤身肉や魚、緑黄色野菜をたっぷり摂りましょう。

妊婦の食事、おすすめはコレ!「赤ちゃんに良い食べ物」まとめ
「お腹の赤ちゃんに良い食べ物って、何だろう・・」 お腹の赤ちゃんにとって「お母さんが何を食べるか」は、とても重要なこと。母親学...

妊娠線を予防しよう

妊娠線は、急にお腹や乳房などが大きくなる速さに皮膚の伸びが追いつけず、皮下組織に亀裂が入ることで出来ます。皮膚が乾燥していると妊娠線ができやすくなるので、こまめに妊娠線クリームなどを塗って、保湿ケアをしましょう。

妊娠線はお腹だけでなく、乳房やお尻など、急に大きくなる場所にできることがあります。予防のためには、妊娠線クリームを塗りながら、気になる部分を優しくマッサージしましょう。

妊娠線を予防するには?予防のヒント3つと保湿クリームの選び方
「妊娠線は絶対に作りたくない‥!」 だんだんお腹が大きくなるにつれ、妊娠線ができそうで心配になりますね。妊娠線は一度できるとな...
妊娠線クリームのおすすめは?効果・コスパで選ぶ人気クリーム3つ
「妊娠線クリームのおすすめは?」 妊娠線を予防するには、早いうちからお腹にクリームなどを塗って、保湿ケアすることが大切。でも保...

妊娠5ヶ月にやるべきこと

妊娠 5ヶ月

それでは、ママの体調が安定する5ヶ月のうちに「やっておきたい事」には、どんなことがあるのでしょうか。

乳頭のケアを始めよう

安定期に入ったら、出産後スムーズな母乳育児ができるように、乳頭のケアを始めましょう。

乳頭の大きさや形は人それぞれ。普通の乳頭の場合、比較的スムーズに母乳育児を始められますが、陥没乳頭や扁平乳頭の場合、赤ちゃんが吸いにくいこともあります。

私たちの顔が一人一人違うように、乳房や乳頭の大きさや形はみんな違います。赤ちゃんが吸いやすい乳頭と、ちょっと吸いにくい乳頭がありますが、どんな乳頭でも母乳は出ます。

妊娠中から母乳について正しい知識を持ち、吸いにくい乳頭の形でも助産師の指導のもとに手入れをすれば、多くの場合、赤ちゃんに吸わせられるようになります。

妊娠5ヶ月頃から、お風呂上がりなどに自分の乳頭を確認してみましょう。

引用:「初めての妊娠・出産 最新版 (たまひよ新・基本シリーズ) 」監修:笹森幸文(ベネッセコーポレーション)p.128

折をみて産院などで乳頭のチェックをしてもらい、赤ちゃんが吸いやすい乳頭になるようにお手入れを始めましょう。

両親学級に参加する

妊娠中期~後期にかけて、多くの自治体や出産施設などでは「両親学級」が開催されます。

両親学級とは、妊娠生活の過ごし方や、お産の流れ、新生児のお世話の方法などが学べるクラスのこと。同じ時期にお産をする人達が集まるので、ママ友と知り合うきっかけにもなります。

両親学級はママの体調が安定する5ヶ月頃に参加することが多いので、事前に開催情報をチェックして、積極的に出席しましょう。

歯科検診を受診する

妊娠期間中は、唾液が減ったり、口内細菌が増えたりするため、虫歯などのトラブルが起きやすくなります。妊娠中期で体調が安定しているうちに、歯科検診を受けておきましょう。

母子手帳に歯科健診の無料券がついていたり、妊婦さん向けの歯科検診を実施している自治体もあるので、この時期に忘れずに受診を。

虫歯や歯周病などで治療する必要がある場合は、臨月になる前に治療が終わるようスケジュールを調整してもらいましょう。

「戌の日参り」で安産祈願!

妊娠 5ヶ月

昔から妊娠5ヶ月の最初の「戌の日」には、神社をお参りして安産祈願をする風習があります。犬のお産が軽いことにあやかり、赤ちゃんとママの無事と安産を祈願します。

妊娠5ヶ月は安定期に入っていますが、なかなか体調が安定しないこともあります。安産祈願は「戌の日」以外の日に行っても構わないので、ママの体調がよい日に訪れるようしましょう。

お腹が大きいと足元が見えにくいので、神社の階段や段差には十分に気をつけて。歩きやすい靴でお参りして下さいね!







この記事を書いた人

執筆者:菜月

ブログランキング・応援お願いします。
▽       ▽
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする