水天宮で安産祈願!戌の日参りの初穂料や混雑状況、交通アクセスは?

水天宮 安産祈願

東京都中央区にある水天宮は、安産祈願・子授け祈願で有名な神社。多くの妊婦さんが安産祈祷を受けに訪れる人気スポットです。

安産祈願は「戌の日」に行う習わしがありますが、戌の日の水天宮はどれほど混雑するのでしょうか。また安産祈願の初穂料や、お守りの種類なども気になりますね。

・戌の日の水天宮の混雑状況は?
・安産祈願の初穂料は?
・水天宮までのアクセスは?

水天宮で安産祈願を予定しているママに。安産祈願の受付時間や祈祷の申し込み方法、水天宮への交通アクセスなどについて、まとめてみました。

安産祈願で有名な東京水天宮

水天宮 安産祈願

東京中央区にある水天宮は、安産・子授けのご利益で有名な神社。戌の日には多くの妊婦さんが安産祈願に訪れます。

開門時間 7時~18時
神札所受付時間 8時~18時
祈祷受付 8時~15時30分
※戌の日の祈祷受付は16時まで
祈祷開始時間 9時
祈祷開始時間(戌の日) 8時半頃
住所 〒103-0014 東京都中央区 日本橋蛎殻町 2丁目4-1
電話番号 03-3666-7195

安産祈願の申し込み方法は?

安産祈願を申し込む場合は、受付時間内に「神札所」に直接お申し込みをしましょう。祈祷時間の予約や時間指定はできません。

安産祈祷にかかる時間の目安は約15~20分ほど。1時間あたり3~4回の祈祷が行われるようです。ちなみに祈祷受付に昼休憩などはありません。

<安産祈願の流れ>
・神札所で申し込み用紙に氏名などを記入する
・受付に申し込み用紙と初穂料を納める
・授与品、名前札、整理券を受け取る
・待合室で祈祷の順番を待つ

「戌の日」の安産祈願には人数制限があり、妊婦さん(あるいは代理の方1名)のみが昇殿することができます。ご家族の方は境内か待合室で待ちましょう。

「戌の日」以外だと、妊婦さんと付き添いの方全員が昇殿できますが、混んでいる場合は人数が制限されることもあります。

安産祈願に訪れる際、持ち物や服装の決まりはありませんが、祈祷を受けるにふさわしい服装を心がけましょう。

水天宮の安産祈願の初穂料は?

水天宮 安産祈願 初穂料

安産祈願の祈祷を受ける時は、神社に「初穂料」を納めます。安産祈願の初穂料は8000円ですが、金額が変わる可能性もあるので、前もって電話で確認しておくと安心です。

初穂料は包まずそのまま納めてもOKですが、のし袋に包む場合は、表面の上部に「初穂料」、その下に名前を書きましょう。

水天宮のお守りは?

水天宮 お守り

画像引用元:http://www.suitengu.or.jp/misuzuobi/

水天宮の安産お守りは、腹帯とセットになって販売されています。お守りの種類は「御子守帯(みすずおび)」一式と「小布(こぎれ)」一式の2種類で、値段は4000円です。

「御子守帯」は妊婦さんのお腹に直接巻くことのできる腹帯ですが、伸縮性が無いので、巻き方にコツがいるかもしれません。一方「小布」は、腹帯の一部の小さな布になります。

安産お守り一式には、巾着袋型のお守りと、戌の鈴も含まれています。この巾着袋型のお守りは、これ単品だけでは購入できず、一式とのセットになります。

<安産祈願+お守り一式の値段は?>

安産祈願の初穂料8000円には、お守り一式の料金は含まれていません。祈祷に加えてお守りが欲しい場合、追加で4000円かかります。祈祷8000円+お守り4000円で、合計12000円です。

安産守りは帯・布とのセットでないと買えませんが、交通安全や子宝授与などのお守りは、単品で購入できます。

またお守りの「御子守帯」一式、「小布」一式は、祈祷を受けなくても購入可能です。体調不良などで直接お参りできない場合、通販で安産お守り一式を買うこともできます。

 

水天宮の戌の日の混雑状況は?

水天宮 戌の日 混雑

水天宮の安産祈願は、戌の日、土日祝日、大安の日などは混雑する傾向があり、時間帯によっては受付まで1時間以上待つこともあります。休日と戌の日が重なった日などは、入場規制がかかるほどの混雑も予想されます。

戌の日参りをする妊娠5~6ヶ月は安定期に入っていますが、外に長時間並ぶと、体に負担がかかることもありますね。戌の日や六曜にこだわらず、体調のよい日を選んで戌の日参りするのも一つの手です。

戌の日以外の平日はさほど混雑せず、水天宮の境内は落ち着いているようです。戌の日でなくても、安産のご利益はいただけるはずなので、戌の日以外の安産祈願も検討してみて下さいね。

水天宮のツイッターで混雑状況をチェック!

水天宮公式アカウントのツイッターでは、戌の日の混雑状況をツイートしています。戌の日に安産参りをする時は、水天宮のツイッターアカウントをチェックしてみましょう。

水天宮公式アカウント
https://twitter.com/suitengu_info

水天宮へのアクセス・最寄り駅は

東京水天宮はアクセス便利な場所にあり、いくつかの地下鉄の路線・駅が利用できます。

<交通アクセス>

・東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅(5番出口)徒歩1分
・東京メトロ日比谷線 人形町駅(A1出口)徒歩6分
・都営地下鉄浅草線 人形町駅(A3出口)徒歩8分
・都営地下鉄新宿線  浜町駅(A2出口)徒歩12分
・東京駅(八重洲口)からタクシーで約15分

東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」からのアクセス

水天宮 アクセス

水天宮の最寄り駅は「水天宮前駅」。A5出口から地上に出ます。ちなみにA5出口は階段しかないので、エレベーターを使う場合は4番出口が便利です。

水天宮 アクセス

A5出口を出て振り返ると「水天宮前」交差点があります。横断歩道を渡らず、この角を左折しましょう。

水天宮 アクセス

左折した通りのすぐ左手が水天宮。駅から徒歩1分程度で、平坦な道のりです。

東京メトロ日比谷線「人形町駅」からのアクセス

水天宮 アクセス

日比谷線「人形町」から水天宮は、徒歩6分ほど。A1(あるいはA2)出口を出てすぐの所に「甘酒横丁」交差点があります。

水天宮 アクセス

「甘酒横丁」交差点から人形町通りを南東に250mほど進むと「水天宮前」交差点にでます。交差点を渡った所に「水天宮前交番」があり、そのすぐ奥が水天宮になります。徒歩6分ほどの道のりです。

都営地下鉄浅草線「人形町駅」からのアクセス

水天宮 アクセス

都営地下鉄浅草線「人形町駅」から水天宮は、徒歩8分程度。地上に出るにはエレベーターもあるA3出口が便利です。A3出口を出るとすぐ「人形町交差点」があります。

「人形町交差点」から人形町通りを南東に400m進むと「水天宮前」交差点に出ます。交差点を渡ると交番があり、そのすぐ先に水天宮があります。

車でのアクセス

お車の場合、首都高速道路「箱崎インター浜町出口」が便利です。水天宮の境内1階には駐車場(40台収容)がありますが、戌の日などは混雑が予想されるため、駐車できないこともあります。(利用時間:午前7時~午後5時)

水天宮の駐車場が満車の場合は、近隣の駐車場の利用を。箱崎ジャンクション下のバスターミナル(東京シティエアターミナル)は駐車台数が多いので、比較的停めやすいようです。

水天宮の境内ガイド!

水天宮 安産祈願

水天宮は耐震工事を経て、2016年に新社殿が完成しました。昔ながらの神社というより、清潔感のある和モダンな雰囲気です。

水天宮 安産祈願

それでは水天宮の境内の様子を見てみましょう。
コンクリートの階段を登ると‥

水天宮 安産祈願

正面奥に新社殿が見えます!
ご祈祷などはこちらの新社殿で行われます。

水天宮 安産祈願

登って手前の右側には神札所があります。ご祈祷の受付、お守りの購入などは、こちらの神札所へ。ちなみに水天宮の御朱印もこちらでいただけます。

神札所で祈祷受付が済んだら、奥の待合室で祈祷の順番を待ちます。待合室には授乳室・トイレが併設されています。ちなみにベビーカー置き場は神札所の外にあります。

水天宮 安産祈願

神札所の反対側には、参拝者が身を清める手水舎があります。祈祷を受ける前には、こちらで手と口を清めて下さいね。

手水舎のすぐ前には「安産子育て河童」がいます。

水天宮 安産祈願

こちらが「安産子育て河童」。
お母さん河童の胸や肩に、赤ちゃん河童がちょこんと乗っていて可愛いですね。

水天宮 安産祈願

「安産子育て河童」のすぐそこには、朱色がまぶしい「寳生辨財天(ほうしょうべんざいてん)」があり、そのすぐ側に有名な「子宝いぬ」があります。

水天宮 安産祈願

こちらがお母さん犬と子犬の像「子宝いぬ」です。子宝いぬの周りには十二支の干支があり、自分の干支を撫でると、安産・子授けなどのご利益があると言われます。

水天宮に行く際は、ぜひご自分の干支に触って、ご利益をいただいてきて下さいね!

赤ちゃんが無事に産まれたら、お宮参りへ

水天宮 お宮参り

無事に赤ちゃんが生まれたら、今度は「お宮参り」です。お宮参りとは、子供が生まれたことを神様に報告する儀式のこと。多くの場合、生後1ヶ月前後に行われます。

お宮参りは生まれたばかりの赤ちゃん連れになるので、皆の体調や天気のよい日を選ぶようにしましょう。また、お宮参りとお礼参りを同じ日にしても良いと言われています。

水天宮は安産と子育ての守り神。お宮参りでは無事に出産を終えた感謝と、これからのご加護をお祈りして下さいね。

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする