妊娠8ヶ月(28週・29週・30週・31週)ママの症状と赤ちゃんの様子

妊娠 8ヶ月

妊娠8ヶ月になり、妊娠後期に入りました。ママのお腹はさらに重くなり、少し動いただけで息切れするかもしれませんね。

いよいよお産まで残り3ヶ月。妊娠8ヶ月目のこの時期は、どんなことに気をつけて毎日を過ごせばいいのでしょうか。

・妊娠8ヶ月の体重増加の目安は?
・28~31週の赤ちゃんの様子は?
・妊娠8ヶ月ママの毎日の過ごし方は?

妊娠8ヶ月目のお腹の大きさや、この頃の胎動の様子、お腹の張りの対処法などについて、まとめてみました!







妊娠8ヶ月目にみられる症状

妊娠 8ヶ月 症状

妊娠後期に入ると、大きくなった子宮が下半身の静脈を圧迫するため、手足がむくみやすくなります。また妊娠中は、体内の水分量がいつもより増えることも、体がむくむ原因のひとつ。

大きくなった子宮が膀胱や胃などを圧迫するため、頻尿気味になったり、食欲不振になることもあります。息切れや動悸を感じたり、普段より疲れやすくなることも。

また出産が近づくと、ホルモンの影響により、おりものの量が増えることがあります。色や匂いなどに変化が見られた場合、お医者さんに相談を。

<妊娠8ヶ月目によくある症状>

・体がむくみやすい
・トイレが近くなる
・おりものの量が増える
・動悸、息切れがする
・お腹が張りやすくなる
・眠れない、眠りが浅い
・血圧が少しずつ上昇する

腹痛を感じる時は?

妊娠8ヶ月になって、たまに腹痛を感じるようになるママもいます。急にお腹が痛くなると「この腹痛は、もしかして陣痛?」と不安になるかもしれませんね。

「腹痛が不規則におきる」「生理痛のような痛みを感じる」このような腹痛は、陣痛ではなく「前駆陣痛(ぜんくじんつう)」だと考えられます。

張りや痛みを感じても、すぐに治まったり不規則に起こったりというのであれば、前駆陣痛だと考えられます。

前駆陣痛とはいわば、お産の予行練習。出産が近づいていることは確かです。すぐに陣痛が起こることは少ないですが、不安な場合は病院に連絡しましょう。

出産本番の陣痛は、間隔が規則的で徐々に短くなっていきます。陣痛の間隔に規則性を感じたら、メモをとって、間隔を計るとよいでしょう。

引用:「月数ごとによくわかる 最新版 らくらくあんしん 妊娠・出産」監修:荻田和秀(学研プラス) p.119

前駆陣痛は、ママの体が「出産の準備をしている」というサインです。安静にしているうちに治まることも多いので、落ち着いて様子をみましょう。

この頃の体重増加の目安は?

妊娠後期になると、一気に体重が増加しやすくなります。今まであまり体重が増えなかったママでも、この頃になると急に体重が増えるようになり、体重管理が難しくなることも。

妊娠8ヶ月の体重増加の目安は、妊娠前の体重+5~7.5㎏ほど。もうすでに体重が増えすぎている場合は、適度に運動をしたり、食事の量を調節して、体重増加を抑えましょう。

体重が増加しすぎると「妊娠高血圧症候群」や「微弱陣痛」のリスクが高まるだけでなく、産後の体形戻しが大変になります。出産の日を迎えるまで、しっかりと体重管理を。

妊娠8ヶ月目のお腹の大きさは?

妊娠 8ヶ月

妊娠8ヶ月のお腹はますます大きくなり、子宮はおへそとみぞおちの中間くらいに達します。31週頃の子宮底長は25~28㎝ほど。妊婦健診は2週に1回の頻度になります。

大きな子宮が胃が圧迫するため、胃に不快感を覚えたり、鈍い腹痛を感じることもあります。一度にまとめて食べられなくなるので、少しずつ分けて食事をとってもいいですね。

またこの時期は急にお腹が大きくなるので、妊娠線ができないように十分にケアしましょう。保湿力の高い妊娠線クリームを塗って、しっかり予防対策を。

妊娠線を予防するには?予防のヒント3つと保湿クリームの選び方
「妊娠線は絶対に作りたくない‥!」 だんだんお腹が大きくなるにつれ、妊娠線ができそうで心配になりますね。妊娠線は一度できるとな...

妊娠8ヶ月の赤ちゃんの様子

妊娠8ヶ月になると、お腹の赤ちゃんの内臓・神経系の機能はほぼ完成し、横隔膜を上下させる呼吸に似た動き(呼吸様運動)を始めます。

この頃の赤ちゃんの身長は約40~43㎝、体重は約1500~1800gほど。重さの目安は牛乳パック(1リットル入り)2パックほどの重さです。

8ヶ月の時期に赤ちゃんが逆子でも、まだ子宮内には動くゆとりがあるので、お産までに治る可能性が十分にあります。逆子は28週~34週頃に治ることが多いと言われます。

胎動について

妊娠8ヶ月にもなると、お腹の赤ちゃんは体が大きくなって子宮内で動きにくくなり、体を丸めてじっとしていることが多くなります。

お腹の中での位置や姿勢が決まり、だんだん動きが落ち着いてくるため、胎動を感じる回数も減ってきます。多くの場合、大きな頭を下にして、縦向きの姿勢になります。







妊娠8ヶ月ママの過ごし方

妊娠 8ヶ月 過ごし方

妊娠8ヶ月にもなると、体もお腹もすっかり重くなり、ゆっくりとしか動けなくなりますね。これから出産にむけて、できるだけ体に負担をかけない過ごし方を心がけましょう。

せり出したお腹で足元が見えにくくなるので、段差がある場所を移動するときは、足元に気をつけて。階段の上り下りの際は、手すりにつかまるようにすると安心です。

早産には十分に注意を

出産までもう残り3ヶ月です。そろそろベビー用品を揃えたり、赤ちゃんと過ごす部屋づくりを整えておきたいですね。

出産予定日はもう少し先になりますが、万が一「早産」になった時のことも考えて、早めに入院準備を始めておきましょう。

早産は急に起こるということはなく、多くの場合「頻繁なお腹の張り」という前触れのサインがあります。いつもと張り方が違う、張る回数が多い時は、安静にして様子を見ましょう。

栄養バランスのよい食事を

妊娠後期は体重が増えやすくなるため、気をつけて体重管理する必要がありますが、やみくもに食事の量を減らすと、赤ちゃんの発育に必要な栄養が摂れなくなることもあります。

ただ食事の量を控えるだけでなく、食べ物の内容にも気をつけて、必要な栄養はしっかり摂るようにしましょう。

また妊娠後期は「妊娠糖尿病」を発症しやすい時期でもあります。甘いものや油っこい食べ物はできるだけ控えましょう。また時間をかけてゆっくり食事をすると、血糖値の上昇が抑えられます。

妊婦の食べ物でダメなものって?注意が必要な食べ物まとめ
「妊婦は、生モノを食べたらダメ?」 「妊娠中は刺し身もお寿司も、禁止なの?」 妊婦さんの食べ物は、食べる回数や摂取量に注意が...

お腹の張りの対処法は

妊娠後期になると、お腹が張りやすくなり、張りを感じる回数も増えるようになります。動き回って疲れた後などは特に張りやすくなるので、くれぐれも無理しないよう心がけて。

<お腹の張りの対処法>

・座ったり横になって休む
・ゆっくり深呼吸をする
・温かい飲み物を飲む

お腹の張りを感じたら、横になって安静にしましょう。休んでいるうちに張りが落ち着けば問題ありませんが、腹痛や出血がある時や周期的な張りが続く時は、早めに産院に相談を。

息苦しい時は?

妊娠後期になると、大きくなった子宮が肺を圧迫するようになるため、息苦しさを感じるママも少なくありません。また妊婦さんによくある高血圧や鉄欠乏性貧血貧血も、息苦しさをおぼえる原因のひとつ。

息苦しさを感じたら、お腹の張りを感じたときと同じく、体を休めるようにしましょう。また温かい飲み物をゆっくり飲んで一息つくことも効果的。ノンカフェインのお茶かハーブティーがおすすめです。

産後にむけて、母乳がよく出る効果で知られる「たんぽぽ茶」を今のうちから飲んでもいいかもしれません。鉄分やビタミン・ミネラルを補うこともできます。

たんぽぽ茶のおすすめは?母乳育児ママに人気のたんぽぽ茶3選
「たんぽぽ茶で母乳量が増えたり、乳腺炎が予防できるって本当?」 母乳育児中、たんぽぽ茶を飲み始めるママは少なくありません。たん...

里帰り出産・旅行を予定している場合は

里帰り出産を予定している場合は、長時間移動してもOKかどうか、前もってお医者さんに確認しておきましょう。

「切迫早産」「妊娠高血圧症候群」の心配がある場合、里帰り出産が難しいと判断される場合もあります。

万が一のことを考えると、妊娠中の旅行はおすすめできませんが、お盆やお正月などに遠方の実家に帰省する人もいるでしょう。

移動先でトラブルがあった時すぐに受診できるよう、出かける前に現地の産婦人科を調べて置きます。

また移動距離の長短にかかわらず、外出時には常に母子手帳を持ち歩きましょう。

引用:「月数ごとによくわかる 最新版 らくらくあんしん 妊娠・出産」監修:荻田和秀(学研プラス)p.87

もし帰省や旅行を予定しているなら、無理のないスケジュールを組み、事前に現地付近の産婦人科について調べておきましょう。

妊婦の旅行、時期はいつまで?持ち物リストと旅行の注意点5つ
「妊婦が旅行に行ける時期は、いつまで?」 赤ちゃんが生まれたら、旅行に行くのもなかなか難しくなりますね。「妊婦のうちに旅行を!...

無理せずスローに過ごす時期

妊娠 8ヶ月

妊娠後期になると、体が重くて疲れやすくなったり、腰痛がひどくなったり‥さまざまなマイナートラブルに悩まされるかもしれません。

普段はテキパキ動けるママも、今はゆっくりスローダウンを。ママの体とお腹の赤ちゃんを第一優先に考えて、ゆったり過ごすようにしましょう。

お腹が張りやすくなる時期なので、とにかく無理をせず、疲れを感じたら横になって休んで下さいね。







この記事を書いた人

執筆者:菜月

ブログランキング・応援お願いします。
▽       ▽
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする