妊娠9ヶ月(32週・33週・34週・35週)ママの症状と赤ちゃんの様子

妊娠 9ヶ月

妊娠9ヶ月、いよいよ出産の日も近づいてきましたね。お腹が大きくて足元が見えなかったり、靴がはきにくくなったり、ちょっとした動作も大変になる時期です。

それでは臨月を間近に控えたこの時期、プレママは一体どんなことに気をつけて毎日を過ごせばいいのでしょうか。

・妊娠9ヶ月の体重増加の目安は?
・32~35週の赤ちゃんの様子は?
・妊娠9ヶ月に気をつけたいことは?

妊娠9ヶ月の過ごし方のヒントや、体重増加の目安、胎動の様子などについて、まとめてみました!







妊娠9ヶ月目にみられる症状

妊娠 9ヶ月 症状

妊娠9ヶ月になると、すっかり大きくなった子宮に心臓や肺、胃などが圧迫されるため、動悸や息切れがしたり、胃もたれを感じるようになります。

また大きな子宮が膀胱や腸も圧迫するため、トイレが近くなったり、うっかり尿もれをしたり、便秘気味になることもあります。

<妊娠9ヶ月目によくある症状>

・動悸、息切れ
・胃もたれ、胃のむかつき
・頻尿、尿もれ
・便秘

・恥骨、足の付け根の痛み
・腰痛、背中の痛み

・眠れない、眠りが浅くなる
・むくみ
・貧血
・前駆陣痛が起こることも

赤ちゃんの頭がママの骨盤に入るようになると、ママは恥骨周辺に痛みを感じるようになることもあります。また重いお腹を支えるために、腰痛、背中の痛みがひどくなることも。

妊娠9ヶ月は、貧血気味になったり、体がむくんだりなど、いろいろなマイナートラブルに悩まされる時期です。体がしんどい時は、こまめに休憩をとるようにして、無理のない範囲で活動しましょう。

妊娠9ヶ月の体重増加の目安

妊娠9ヶ月は、お腹の赤ちゃんの体重が急に増える時期です。そのためママが食生活に気をつけていても、急に体重が増加しやすくなります。

この時期の体重増加の目安は、妊娠前の体重+6~9㎏ほど。意識して体重が増えすぎないように注意しましょう。

赤ちゃんの体重が増える。ママの追加分は控えめに

妊娠後期のママの体重増加の目安は1週間で0.3~0.5㎏です。妊娠9ヶ月目から出産まで赤ちゃんの体重は倍以上に増加するため、ママがそれほど食べていないつもりでも、体重が増えてしまいがちです。

赤ちゃんの増加分を考えると、これまで以上に体重管理を心がける必要があります。

引用:「月数ごとによくわかる 最新版 らくらくあんしん 妊娠・出産」監修:荻田和秀(学研プラス)p.128

体重が増加すると、妊娠高血圧症候群などのリスクも高まります。バランスよい食事や減塩を心がけ、母子ともに健康な状態で出産の日を迎えましょう。

妊娠9ヶ月目のお腹の大きさは?

妊娠 9ヶ月

妊娠9ヶ月になると、ますますお腹が大きくなり、子宮はみぞおち付近まで上がります。子宮底長は約28~31㎝ほど。

ママが動き回って疲れを感じると、お腹が張ることが増えます。お腹が張るということは、子宮が収縮しているサイン。お腹の張りを感じたら、体を休めるようにしましょう。

また今まで妊娠線ができなかったママも、この時期になって急に妊娠線ができてしまうこともあります。保湿力の高い妊娠線クリームを気になる部分に塗って、こまめにケアを。

妊娠線クリームのおすすめは?効果・コスパで選ぶ人気クリーム3つ
「妊娠線クリームのおすすめは?」 妊娠線を予防するには、早いうちからお腹にクリームなどを塗って、保湿ケアすることが大切。でも保...

妊娠9ヶ月の赤ちゃんの様子

妊娠35週になると、お腹の赤ちゃんの肺の機能はほぼ完成し、外の世界で呼吸ができるようになります。

この頃の胎児の身長は約47㎝、体重は約2300gほど。重さの目安は、小玉スイカ1個分くらいです。

全体的に皮下脂肪がついて、ふっくらした体つきになります。髪や爪も伸びてきて、新生児とほとんど変わらない外見になります。

妊娠9ヶ月の胎動の様子

子宮内の羊水の量が少しずつ減るので、赤ちゃんが動く場所がだんだんと狭くなってきます。

子宮内にギュッと詰め込まれた状態になるので、赤ちゃんが動くたびに、ママは痛いくらいの胎動を感じることもあります。

赤ちゃんの胎動が激しくて痛い時は「もう少し優しく動いてね」「あんまり蹴ると痛いよ」などと、お腹に話しかけてみましょう。







眠れない時の対処法は?

妊娠 9ヶ月 眠れない

「最近なんだか眠れない‥」

妊娠9ヶ月になると、寝付きが悪くなったり、胎動で目が覚めてしまったり、不眠がちになることもあります。それでも、この時期に浅い眠りが増え、深い眠りが減るのは、自然なことです。

もうすぐお産を迎えるママが眠れないのは、産後の頻繁な授乳に備えるためだと言われます。生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜関係なく、数時間おきに母乳を欲しがるため、産後ママはまとまった睡眠時間がとれなくなります。

なかなか眠れない時、体がしんどい時は、横向きでラクな姿勢をとり、少しでも体を休めるようにしましょう。睡眠不足を昼寝で補うのもひとつの手です。

<眠れない時の対処法>

・横向きで楽な姿勢をとる
→抱きまくらの使用も効果的

・こまめに体を休める
→眠気がある時、しんどい時は休憩を

・早めに夕食をとる
→眠る直前までに消化が済んでいると、スムーズに寝付けることも

この時期は大きな子宮に膀胱が圧迫されてトイレが近くなるため、寝る前に水分をとりすぎないよう注意しましょう。

また眠れなくてしんどい時に「抱きまくら」があると、横向きで楽に眠れることもあります。産前は抱きまくら、産後は授乳クッションとして使えるものを選ぶと、長く使えて便利です。

授乳クッションのおすすめは?人気のクッション3つと代用品のヒント
「授乳クッションがあれば、おっぱいタイムはもっと楽になる?」 授乳中ずっと赤ちゃんを抱っこしていると、ママの腕や腰に負担がかか...

妊娠9ヶ月ママの過ごし方

妊娠 9ヶ月 過ごし方

妊婦生活も残りわずか。お家に赤ちゃんを迎える準備はもうできましたか?臨月に入ってから動き回ると体の負担が大きいので、ベビーグッズなどの準備は早めに済ませてしまいましょう。

入院準備をしておく

まだ出産予定日まで1ヶ月ほどありますが、妊娠中は何がおきるか分かりません。急にお産が早まり、入院することになる可能性もあります。

予定が早まった時に備えて、出産入院の準備を済ませておきましょう。入院に必要なものをバッグに入れて、いつでも持ち出せるようにしておくと安心です。

入院時に必要なものは産院によって違うので、事前に確認を。授乳クッションなどは、産院で準備してくれていることもあります。

里帰り出産なら帰省を

里帰り出産を予定している場合は、遅くとも34週までに帰省して、出産施設の妊婦健診を受けましょう。

いよいよお腹が大きくなってからの移動は、ママの体に負担をかけます。またこの時期の不要不急の旅行は、控える方が安心です。

里帰り出産をする人は、32~34週(遅くとも34週)までに帰るようにしますが、時期については主治医とよく相談しましょう。

帰る時は1人ではなく、パパに付き添ってもらうと安心です。交通手段はできるだけ楽な方法を選びます。かかる時間だけでなく、乗り換えのわずらわしさなども考慮して検討しましょう。

引用:「やさしくわかる 月数別 はじめての妊娠・出産」監修:井上裕子(西東社)p.120

里帰りの交通手段には、できるだけ楽な交通手段を選びたいものです。ただし飛行機の場合は、搭乗できる妊娠週数の規定があったり、医師の診断書が必要になる場合もあります。事前に航空会社に確認をして、予定を組むようにしましょう。

母乳育児の準備を

妊娠後期になると、そろそろ産後の「母乳育児」が気になりますね。母乳の出をよくするためには、十分に水分を摂ること、栄養バランスのとれた食事を心がけることなどが大切です。

「母乳の出が悪い」「胸が腫れて痛い」などの母乳トラブルは、助産院や母乳外来が相談に乗ってくれます。できれば産前のうちに、頼れそうな施設を探しておきましょう。

母乳の出がよくなる効果で知られる「たんぽぽ茶」を、産前から飲んでおくのもおすすめです。たんぽぽ茶はノンカフェインで鉄分・ミネラルが豊富、血液をサラサラにする効能があると言われます。もちろん妊娠中から飲んでもOKです。

たんぽぽ茶のおすすめは?母乳育児ママに人気のたんぽぽ茶3選
「たんぽぽ茶で母乳量が増えたり、乳腺炎が予防できるって本当?」 母乳育児中、たんぽぽ茶を飲み始めるママは少なくありません。たん...

お産のイメージトレーニングを

妊娠 9ヶ月

妊娠9ヶ月になると、ますますお腹が大きくなりますね。体が重くて動くのも面倒になりますが、お産には体力が必要です。経過が順調なら、毎日適度に歩くようにして、体力作りをしましょう。

また出産の時にあわてないよう、事前にお産の進み方などを知っておくことも大切です。出産の流れをイメージして、体の力を抜くリラックス方法や、呼吸法の練習をしておきましょう。

臨月まであと少し。安産のための基礎知識を十分に得て、リラックスしてお産の日を迎えてくださいね!







この記事を書いた人

執筆者:菜月

ブログランキング・応援お願いします。
▽       ▽
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする