「母乳が出ない‥」母乳が出ない原因と覚えておきたい対策方法まとめ

母乳 出ない

「赤ちゃんが生まれたら、自然に母乳が出ると思ってた‥」

出産後、スムーズな母乳育児がすぐに始まるわけではありません。多くの場合「母乳が出ない」「胸が張るのに上手く授乳できない」「胸が張らない」など、さまざまなトラブルに見舞われることもあります。

また「産後1ヶ月になるのに、母乳が出ない」「2人目の母乳育児がうまくいかない」ということもありますね。母乳で育てたくても、思うようにおっぱいが出ないのは辛いことです。

・おっぱいが出にくい体質ってあるの?
・母乳の出が悪くなる原因は?
・産後1~2ヶ月、母乳の出が悪い時の対処法は?

「母乳が出ない‥」とお悩みのママに。母乳が出ない原因や対処法、おっぱい育児が軌道にのるヒントなど、まとめてみました。

母乳が出ない人の特徴は?

母乳 出ない 人

産後、おっぱいがなかなか出ないと「もしかして私は母乳が出ない体質なのでは?」と心配になってしまいますね。

でも元々母乳が出ない体質のママは非常に少なく、先天的な乳腺のトラブルなどで母乳が出ないママは「100人に1人いるかいないか程度の確率」だと言われます。

ホントにもともとおっぱいの出ない体質はあるのでしょうか?あるとしたら、乳腺組織(乳管や乳腺)の欠損か乳腺組織の発育不全が挙げられます。

つまり、何らかの原因により、おっぱい自体が正常に機能していない状態です。でもこれはレアケースではないかと私は思います。(中略)

つまり、元々おっぱいが出ない体質ではなく、2次的な要因で分泌不全になることがあるということです。

引用:「最強母乳外来 あらゆる悩みにお答えします!」SOLANIN(ソラニン)(朝日新聞出版)p.30-31

ほとんどの場合、母乳が思うように出ないのは「出産後、母子分離状態だった」「ママの体調不良やストレス」「授乳の回数が足りない」など、2次的な原因によって引き起こされます。

いまは母乳が十分に出ない状態でも、母乳が作られる仕組みを知り、適切に対処することで、おっぱいの量を増やすことも可能なのです。

母乳が出ない原因と対処法3つ

母乳 出ない 原因

それでは母乳が出ない状況を引き起こす主な原因として、どのようなことが考えられるのでしょうか。母乳の出が悪くなる原因と対策方法について、具体的に見てみましょう。

1)授乳の回数が少ない

母乳は「赤ちゃんがママの乳頭を吸う刺激」で作られるようになっています。そのため赤ちゃんに授乳する回数が少ないと、母乳を作るスイッチがうまく入らず、おっぱいの量は増えません。

また母乳を分泌するホルモンは夜多く出るため、夜間に授乳をしないでいると、おっぱいの出が悪くなってしまいます。

<授乳の回数を増やそう!>

→月齢の低い赤ちゃんは1度にたくさん飲めず、1日に何度もおっぱいを欲しがるものです。できるだけ授乳の回数を増やして、母乳を生産するスイッチをオンにしましょう。

また夜間の授乳を欠かさないことも大切です。昼でも夜でも、赤ちゃんがおっぱいを欲しがるたびに、欲しがるだけ授乳してあげましょう。

授乳回数について│新生児、生後1・2・3ヶ月の授乳回数の目安は?
「授乳の回数は、1日に何回くらい?」 赤ちゃんが母乳を飲む回数やペースは、発育に応じて大きく変化します。それでは新生児期から生...
授乳間隔について│新生児・生後1・2・3ヶ月の授乳間隔の目安は?
「授乳したばかりなのに、また赤ちゃんが母乳を欲しがって泣いてる‥」 新生児~生後1ヶ月の赤ちゃんは授乳の間隔が短く、授乳後すぐ...

2)授乳姿勢が適切でない

ママの授乳姿勢が悪く、ガチガチに緊張していると、赤ちゃんは上手におっぱいを飲むことができません。そうするとママの乳房に母乳がたまったままになり、母乳の生産がストップしたり、おっぱいトラブルを引き起こす原因になります。

また赤ちゃんの乳房のくわえ方が適切でないと、うまくおっぱいを飲むことができません。ママの乳頭に負担がかかり、ヒリヒリと痛くなったり傷ついたりする原因にもなります。

<授乳姿勢・吸わせ方の改善を>
→さまざまな授乳姿勢を試して、乳房全体からまんべんなく母乳が飲めるよう工夫を。あれこれ試すうちに、しっくりくる授乳スタイルが見つかるはず!

また赤ちゃんが上手にママの乳房をくわえているかどうかも重要です。赤ちゃんのくちびるが外側にむけて大きく開くように吸着させてあげましょう。

赤ちゃんが上手におっぱいを吸うことができれば、ママの脳に「母乳を作れ」という刺激が効果的に伝わります。

母乳 出ない 原因

母乳のあげ方・飲ませ方のコツは?新生児にラクに授乳するヒント2つ
「まだ小さな赤ちゃん。上手な母乳のあげ方・飲ませ方が分からない‥」 新生児の赤ちゃんはまだ母乳がうまく飲めないため、授乳をする...

3)哺乳瓶・おしゃぶりを使っている

哺乳瓶の乳首とママのおっぱいでは、飲み方が異なります。ママのおっぱいを飲む練習中に哺乳瓶を併用すると、赤ちゃんは混乱して、ママのおっぱいを飲めなくなることがあります(乳頭混乱)。

また赤ちゃんには「なにか吸いたいという欲求」(=吸啜欲求)があります。この欲求を普段からおしゃぶりで解消していると、ママの乳頭を吸う回数が減り、母乳の出も悪くなってしまいます。おしゃぶりの使用は止めるようにしましょう。

<カップで飲ませる練習を>

→乳頭混乱を避けるためには哺乳瓶を止めるのが良いのですが、止めるのが難しいこともありますね。そんな時は、赤ちゃんにミルクをカップで与える方法(カップフィーディング)を試してみては。

赤ちゃんを膝に座らせ、カップにいれた搾乳(あるいはミルク)を口元に運び、赤ちゃんが自分で吸い始めるまで待ちましょう。ママが赤ちゃんの口に搾乳を含ませたり、注ぎ込んでしまわないよう注意を。

乳頭への刺激が減るため、できれば「乳頭保護器」の使用も控えるようにしましょう。そのほか、赤ちゃんに母乳以外の飲み物(白湯・果汁など)を与えること、ママの疲労や睡眠不足なども、母乳が出ない原因になります。

母乳量を増やす方法は?授乳量の平均と目安を教えて!
「母乳、足りてる?もっと母乳の量を増やしたい‥」 母乳は哺乳瓶と違って、赤ちゃんが母乳をどれくらい飲んだのか分かりません。その...

産後、母乳が思うように出ない時は?

産後 母乳 出ない

産後1ヶ月~2ヶ月の頃は、ママが1番大変な時期かもしれません。産院では授乳指導なども行われますが「退院してから上手く授乳ができない」「母乳が出ない」というママは少なくありません。

「母乳育児がいちばん大変なのは最初の3ヶ月」と言われます。この時期を上手に乗り切り、母乳の出を促すためには、どんなことを心がければいいのでしょうか。

出産後~産後1ヶ月、母乳が出ない時は

出産後~産後1ヶ月のママは、心身ともに不安定になりがち。まだ身体がすっかり回復していない場合、一時的に母乳が出なくなることもあります。

母乳は血液の加工品なので、産後の母体は赤ちゃんに美味しい母乳を作ってあげたい一心で、まず自分の身体の回復を優先します。

中途半端に栄養価の低い薄い母乳を作ってあがいても、空回りするだけなので、あえて母乳分泌のために働くホルモンを脳から出さずに、一時停止ボタンを押しておいて、先に母体回復を優先します。(中略)

だから、産後間もなくは一時的に母乳不足になることはありますが、母体が回復すれば、脳からはちゃんと母乳ホルモンが分泌開始するので大丈夫です。

引用:「最強母乳外来 あらゆる悩みにお答えします!」SOLANIN(ソラニン)(朝日新聞出版)p.63

出産後~産後1ヶ月で、なかなか母乳が出ない場合、ママの体はおっぱいの分泌よりも「母体の回復」を優先している可能性もあります。ママはできるだけ身体を休めて、疲れやストレスをためないようにしましょう。

「母乳がなかなか出ない」と思っても、ミルクだけに頼らず、気長におっぱいを吸わせることも大切です。赤ちゃんに何度も吸わせて乳首を刺激するうちに、母乳生産スイッチが入り、おっぱいの量がアップすることもあります。

産後2ヶ月~、母乳が出ない時は

産後2ヶ月を過ぎて母体が回復しても、思うように母乳が出ないこともありますね。そんな時はミルクを足しながらでも、おっぱいを吸わせることを続けましょう。

また頻繁な授乳とあわせて、こまめな水分補給を心がけて。母乳の成分の多くは水分なので、温かい飲み物を摂ることで母乳量がアップすることもあります。母乳がよく出る効果で知られる「たんぽぽ茶」やハーブティーを試してみてもいいでしょう。

母乳用ハーブティーの比較ランキング!効果・成分・口コミまとめ
「母乳で育てたいのに、十分な量が出ない」 「すぐ乳腺炎になってしまう‥」 「母乳育児用のハーブティー、本当に効果があるのはどれ?...

2人目なのに、母乳が出ないのはなぜ?

母乳育児は、1人目の時よりも2人目の方がうまくいくことが多いのですが、「2人目なのに、母乳が十分に出ない」ということもあります。

子育て中は何かと忙しいもの。「上の子と赤ちゃんのお世話で、ゆっくり休む時間もない」ということはありませんか?自分のことは後回しで頑張るうちに、疲れがたまっているのかもしれません。

そんな時は少しの時間でも体を休めるようにして、疲労回復に努めましょう。時には周囲の助けを借りることも大切です。栄養バランスのとれた食事を心がけ、こまめに水分を補給することも忘れずに。

母乳がよく出る食べ物は?おすすめ食べ物・控えたい食べ物全リスト
「母乳がよく出る食べ物って、なに?」 「授乳中、食べてはダメなものはある?」 母乳育児中、ママは食べ物にも気を使いますね。栄...

リラックスした気分で授乳を

母乳 出ない

ストレスや疲れがたまっていると、思うように母乳が出ない原因になります。産後ママは睡眠不足になりがちですが、こまめに休息をとるようにしましょう。

できるだけリラックスした気分で授乳することも大切です。イライラした気分でいると全身が緊張し、血液の循環が悪くなることで母乳の出も悪くなります。

母乳の出を促すお茶「たんぽぽ茶」を試してみてもいいですね。母乳育児用のハーブブレンドもおすすめです。ゆったりリラックスしてお茶を飲むうちに、いつの間にか母乳量もアップしているはずです。

母乳がよく出るお茶って?授乳期ママ用のお茶を比較・ランキング!
「母乳がよく出るお茶なんて、ある?」 母乳不足に悩む授乳期ママにまず試して欲しい事は、いつも飲んでいるお茶を「母乳量アップ効果...
たんぽぽ茶は母乳育児にいい?人気のたんぽぽ茶の効果・飲み方・口コミは
たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根や葉から作られたお茶のこと。生命力の強いたんぽぽから出来るお茶には、さまざまな効果効能があります。 ...
この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする