母乳育児はいつまで続く?母乳が出る期間、夜間授乳が必要な期間は?

母乳 いつまで

母乳育児 は山あり谷あり。乳腺炎などのトラブルが起きたり、夜間の授乳が辛いと「早くおっぱい卒業したい」「いつまで続けたらいいんだろう」とユウウツになることもありますね。

「母乳育児」は赤ちゃんの誕生とともにスタートしますが、おっぱいを終える時期は人それぞれ。母乳を「いつまで続けるか」はママにとって大きな問題です。

がんばって母乳育児を続けることに、何かメリットはあるのでしょうか。また、母乳がいつまで出るものなのかも気になりますね。

・母乳はいつまで出るの?
・夜間の授乳はいつまで必要なの?
・卒乳の平均時期はいつ?

「いつまで母乳育児を続けたらいいの?」というママに。おっぱいが出る期間や、夜間授乳を止めるタイミング、卒乳する時期などについて、まとめてみました。

いつまで母乳は出るものなの?

母乳 いつまで 出る

母乳は赤ちゃんがママの乳頭を吸う刺激で作られます。そのため基本的に、母乳は子供が「乳房を吸い続ける間」は分泌され続けます。

でも「ママの体調が悪くなった」などの理由で授乳を休んでいるうちに、母乳の出が悪くなり、そのまま母乳が出なくなることもあります。いつまで母乳が出るかは個人差があり、ママの体質にもよります。

しっかり母乳が出るためには、間隔をあけすぎずに授乳すること、産後すぐから頻回授乳すること、夜間の授乳を続けることなどが大切です。

母乳はいつから出るの?母乳育児をスムーズに始めるコツは?
「赤ちゃんが生まれた後、いつから母乳は出るの?」 「母乳は産後すぐに出るもの」というイメージを持つママも多いかもしれませんが、...
授乳間隔について│新生児・生後1・2・3ヶ月の授乳間隔の目安は?
「授乳したばかりなのに、また赤ちゃんが母乳を欲しがって泣いてる‥」 新生児~生後1ヶ月の赤ちゃんは授乳の間隔が短く、授乳後すぐ...

母乳の栄養はいつまで?

「赤ちゃんが生後半年~1才頃になると、母乳の栄養がなくなる」と言われることもありますが、母乳の栄養は、一体いつまであるものなのでしょうか。

実際のところ、母乳の栄養は期間が限定されたものではなく、いつまでも十分な栄養があります。ただ、母乳の「成分」には変化がみられ、母乳に含まれるタンパク質や鉄分などのミネラルは少しずつ減っていきます。

子供が成長するにつれ、母乳からだけで十分な栄養をとるのが難しくなるため、足らない栄養を補うために離乳食が始まります。

母乳の栄養はいつまで?「母乳の栄養は半年でなくなる」って本当?
「母乳の栄養ってなくなるの?栄養があるのは、いつまで?」 赤ちゃんが生後半年~1歳くらいになると「母乳の栄養がなくなる」という...

母乳の免疫はいつまで?

「母乳の免疫は生後半年まで」などと言われることもありますが、母乳の免疫はいつまで続くものなのでしょうか。

赤ちゃんが産まれてすぐ出る「初乳」には、免疫物質が特に多く含まれますが、通常でてくる「成乳」にも免疫物質は含まれています。

時間がたつにつれ、母乳に含まれる免疫物質の「濃度」は低くなりますが、無くなるわけではありません。1才をすぎてからの母乳にも、免疫物質は含まれると言われています。

母乳の免疫は、いつまで効果があるの?母乳育ちだと風邪もひかない?
「母乳育ちの赤ちゃんは免疫力が強いって、ホント?」 「母乳の免疫効果は、いつまで続くの?」 赤ちゃんがお母さんからもらう免疫...

夜間の授乳は、いつまで必要?

夜間 授乳 いつまで

「夜中の授乳はいつまで続けたらいい?」

離乳食が1日3回になって、母乳以外から十分な栄養がとれるようになっても「夜の授乳はなかなか止められない」ということもあります。夜中に何度も子供に起こされるので、ママはまとめて睡眠がとれず、寝不足になってしまいますね。

夜の授乳を止める時期には、卒乳(断乳)と同じく個人差があります。また卒乳の前段階として、夜の授乳だけストップする「夜間断乳」を始めるママもいます。

「夜間断乳」とは

・昼間の授乳は続け、夜中のおっぱいだけ止めること
・卒乳(断乳)の前準備として始めるママも

母乳を分泌するホルモンは、夜中多く分泌されるため「夜間の授乳を止めると、母乳の出が減る」と言われます。

母乳量が減ってからの卒乳だと、乳腺炎などのおっぱいトラブルが起きることも少ないため、卒乳の前段階として「夜間断乳」を取り入れるママも少なくありません。

赤ちゃんが生後半年~8ヶ月くらいになると、一度に飲める母乳量も増えるため、この時期から夜間断乳できると言われます。いつまで夜間授乳を続けるかは、子供の発育状況をみながらママが判断しましょう。

夜間断乳はいつからできる?失敗しない夜間断乳の方法は?
「夜間断乳すると、夜泣きがなくなるって本当?」 夜間断乳とは、昼間はいつも通り授乳して、夜間だけおっぱいを止めること。夜間断乳...

いつまで子供に母乳をあげる?

母乳 いつまで あげる

「いつまで母乳をあげるか」は、ママにとって悩みどころですね。卒乳(断乳)のベストタイミングはその母子によって変わり、子供の「おっぱい好き度」や、ママの意向によって左右されます。

<一般的な卒乳の時期は?>

・日本平均:1~2才頃
・世界平均:4.2才

日本の平均的な卒乳時期は「1~2才頃」と言われ、実際この時期に多くの子供たちが卒乳しています。また世界の卒乳時期の平均は、日本よりずっと遅く「4.2才」だと言われます。

長い期間にわたって母乳を飲んでいた子供は「心身ともに大きなメリットがある」という研究報告があります。またママにとっても母乳育児を続けるメリットは多く、「乳がんのリスクが減少する」「更年期障害の不定愁訴が軽くなる」などというデータもあります。

そのような研究報告を受け、WHOは「生後半年までは母乳で育てること、2才までは離乳食とあわせて母乳をあげること」を推奨しています。

最近の研究によると、母乳育児を長く続けるほど、子供とママにとってメリットが多いことが分かっています。

長くたくさん母乳を飲んでいた子ほど認知能力が高く、成長してから生活習慣病のリスクが低下するなど、心身両面のメリットが報告されています。(中略)

こうした研究結果を受け、WHOは6ヶ月まで母乳だけで育てることと、6ヶ月以降は離乳食も与えながら、2年間は母乳育児を継続することを推奨しています。

引用:「母乳育児の教科書」粟野雅代(株式会社マイナビ)p.70

離乳食から必要な栄養が摂れていれば、1才~1才半頃には卒乳できますが、子供にとっておっぱいには「栄養補給」以上の意味があります。

子供がまだ「心の栄養」としておっぱいを必要としているなら、なかなか卒乳できないこともあるでしょう。子供の成長を見守りながら、いつまで母乳育児を続けるかママが判断してあげて下さいね。

ちなみに「卒乳」は子供が自然におっぱいから卒業することを言いますが、「断乳」はママの意向でキッパリと授乳を止めることを言います。

卒乳の時期はいつ頃から?卒乳のタイミングと目安について
「卒乳する時期は、いつごろがいいの?」 「卒乳」とは、子供が自然とおっぱいから卒業していくこと。ママ主導で行う「断乳」と違って...
断乳の時期はいつから?無理なく断乳できるタイミングを教えて!
「スムーズに断乳できる時期は、いつから?」 ママが「早く断乳したい」と思っていても、子供がおっぱい好きだと、なかなか断乳の時期...

おっぱいを卒業するタイミングは

母乳 いつまで

「いつまで夜間も授乳するか」「いつ卒乳するか」など、おっぱい生活に区切りをつけるタイミングを計るのは難しいこと。ママの疲れやストレスがたまると「早く止めたい」という気持ちになるかもしれませんね。

でも子供に母乳をあげられる期間は、後から思うとほんの短い間のこと。子供はいつか必ず離乳して、大きく成長するものです。

母乳育児をいつまで続けるかは人それぞれ。ママも子供も「もういいかな」と納得できるタイミングで、おっぱいを卒業する日を迎えてくださいね。

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする