完全母乳で育てたい!完母になるために「覚えておきたい方法」まとめ

完全 母乳 方法

「完全母乳」とは、ミルクを足さずに母乳だけで赤ちゃんを育てること。母乳育児は、ママにも赤ちゃんにもメリットが多く「完全母乳で育てたい!」というママは少なくありません。

完全母乳で育てることは、とてもやりがいのあることです。でも「赤ちゃんを置いて外出しにくい」「授乳間隔が短い」など、完母ならではの悩みもあります。

・完全母乳ママの割合はどれくらい?
・どうしたら完全母乳になれる?
・完母の赤ちゃんがミルクを飲まない時は?

自分のおっぱいだけで、赤ちゃんを育てたいママに。完全母乳になるための授乳のコツや、完母ならではの悩みの対処法について、まとめてみました。

完全母乳ママの割合は?

完全 母乳 割合

実際に完全母乳で育ているママの割合は、どれくらいだと思いますか?現在、完全母乳で育てているママの割合は、約半数を超えている(生後1~3ヶ月)というデータがあります。

<完全母乳育児の割合>

・生後1ヶ月
母乳栄養‥51.3%
混合栄養‥45.2%
人工栄養‥3.6%

・生後3ヶ月
母乳栄養‥54.7%
混合栄養‥35.1%
人工栄養‥10.2%

引用:厚生労働省「平成27年度 乳幼児栄養調査」より

生後1ヶ月よりも生後3ヶ月の方が、母乳栄養(完全母乳)の割合が増えていますね。最初はミルクとの混合でも、次第に完全母乳に移行することはできるのです。

それでは母乳の量を増やし、ミルク混合から完全母乳にシフトするには、どのようなことを心がければいいのでしょうか。

いつから完全母乳になれる?

「ミルクを足さずに完全母乳で育てたい」と思っていても、産後すぐに、十分な量の母乳が出るわけではありません。何度も赤ちゃんに授乳して、乳頭をしっかり吸ってもらううちに、おっぱいの量は次第に増えていきます。

最初はそう簡単にいかないものです。「くわえさせれば、すぐにおっぱいが出る」というものではありません。とくに初産のママの場合、赤ちゃんを抱っこして、口におっぱいをくわえさせるだけでも一苦労です。(中略)

おっぱいの量も、最初はなかなか出なかったり、反対に出すぎたりでバランスが悪いもの。赤ちゃんが飲む量との需給バランスが整って、軌道に乗ってくるまでは、初産、経産関係なく3ヶ月くらいかかります。

引用:「10人産んだスーパー助産師のストレスゼロで続けられる!母乳育児の本」こばやしひさこ(すばる舎)p.36-37

産後すぐは母乳不足を感じていても、頻繁な授乳を心がけるうちに量が増え、完全母乳に移行するママは少なくありません。また赤ちゃんのおっぱいの飲み方がうまくなると、母乳育児はよりスムーズになります。

一般的に「母乳育児が軌道にのるまでは、3ヶ月位かかる」と言われますが、いつから完全母乳に移行できるかどうかには、大きな個人差があります。

また、いつまで母乳育児を続けるかにも、個人差があります。日本の卒乳時期の平均は1~2才頃ですが、世界の卒乳時期の平均は「4.2才」だと言われています。

母乳はいつから出るの?母乳育児をスムーズに始めるコツは?
「赤ちゃんが生まれた後、いつから母乳は出るの?」 「母乳は産後すぐに出るもの」というイメージを持つママも多いかもしれませんが、...

完全母乳になる方法は?

完全 母乳 方法

完全母乳になるには、産後すぐから頻繁に授乳をすることが大切です。母乳は「赤ちゃんが欲しがるタイミングで、欲しがるだけ」あげるようにしましょう。

一般的に、新生児・生後1ヶ月の赤ちゃんの授乳回数の目安は、1日あたり10~15回程度だと言われています。

<授乳回数の目安>

新生児・1ヶ月‥1日10~15回
生後2ヶ月‥‥‥1日 8~10回
生後3ヶ月‥‥‥1日 6~ 8回

赤ちゃんが乳頭を吸う刺激でおっぱいの量は増えるため、頻繁に授乳をすることで、完全母乳への道は開けます。ママは授乳におわれて大変ですが、この時期のがんばりは今後の育児をグッと楽にしてくれるはずです。

授乳間隔について│新生児・生後1・2・3ヶ月の授乳間隔の目安は?
「授乳したばかりなのに、また赤ちゃんが母乳を欲しがって泣いてる‥」 新生児~生後1ヶ月の赤ちゃんは授乳の間隔が短く、授乳後すぐ...
授乳回数について│新生児、生後1・2・3ヶ月の授乳回数の目安は?
「授乳の回数は、1日に何回くらい?」 赤ちゃんが母乳を飲む回数やペースは、発育に応じて大きく変化します。それでは新生児期から生...

 

完母の赤ちゃんがミルクを飲まない‥

完全 母乳 ミルク

完全母乳の赤ちゃんは、哺乳瓶を嫌がることがあります。おっぱいが大好きなのは嬉しいことですが、ママがやむを得ず外出する時や、仕事復帰で保育園を検討する時は困りますね。

それでは、完全母乳でおっぱい以外を拒否する赤ちゃんに、哺乳瓶からミルクを飲ませるためには、どんな方法があるのでしょうか。

<完母で哺乳瓶を嫌がる時は>

・哺乳瓶の乳首を人肌に温めてみる
→赤ちゃんは冷たい乳首がイヤなのかもしれません

・ママ以外の人からあげてもらう
→パパやおばあちゃんがあげると飲んでくれる可能性も

・スプーンやコップで試してみる
→哺乳瓶がダメなら、スプーンやカップでミルクをあげる練習を

赤ちゃんにとって「ママ=おっぱいをくれる人」なので、ママが哺乳瓶であげようとすると拒否されることも。そんな時は、パパなど別の人にミルクをあげるよう頼んでみましょう。

母乳+ミルク=混合育児!ミルク量の目安と、覚えておきたいコツ3つ
「できるだけ母乳で育てよう!」と決めていても、ママの母乳不足などから、母乳に粉ミルクを足す「混合栄養」になるケースは少なくありません...

完全母乳の赤ちゃんにおすすめの哺乳瓶は?

完全 母乳 哺乳瓶

完全母乳の赤ちゃんには、ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」がおすすめです。こちらは「桶谷式直接授乳訓練用」の哺乳瓶で、赤ちゃんがおっぱいを飲む時の口の動きを考えて作られています。

「母乳相談室」は母乳育児を推奨している病院でも使われることが多く、赤ちゃんが乳頭混乱を起こしにくいことで知られています。

>母乳相談室を楽天で見てみる
>母乳相談室をAmazonで見てみる

ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」使い方のコツを画像でレビュー!
ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」は、スムーズに母乳育児を始めるための哺乳瓶。まだ上手におっぱいが飲めない赤ちゃんと、母乳量が安定しない...

完母の赤ちゃんが離乳食を食べない時は?

おっぱいが好きな完全母乳の赤ちゃんは、なかなか離乳食を食べたがらないこともあります。

生後6ヶ月までは母乳だけで必要な栄養がとれますが、生後半年をすぎると、おっぱいだけでは栄養が足らなくなってきます。不足する栄養を補うためにも、しっかり離乳食を食べてもらいたいものですね。

離乳食より母乳が好きという赤ちゃんも多いようです。離乳食は、食べることは楽しいと赤ちゃんに実感してもらうことが大切。目先にとらわれず、赤ちゃんのペースにあわせて進めましょう。(中略)

無理に食べさせると、赤ちゃんが食事を楽しいものだと感じられなくなります。赤ちゃんが、もうご飯いらない、という様子を見せたら、離乳食を切り上げましょう。

引用:「母乳育児の教科書」粟野雅代(株式会社マイナビ)p.118-119

完全母乳の赤ちゃんが離乳食を食べない時は、その原因を考えてみましょう。離乳食は薄味が良いのですが、少し味付けをしてあげることでよく食べるようになることもあります。

生活のリズムを整え、毎日同じような時間に離乳食をあげることも大切です。赤ちゃんが空腹の時をねらって、楽しい雰囲気でご飯タイムにしましょう。

ちなみに離乳食を食べさせる時は、離乳食をあげてから母乳をあげることが基本ですが、母乳を先に欲しがる場合は、先に授乳してあげてもOKです。

完全母乳ママの生理再開はいつ?

完全 母乳 生理

赤ちゃんに授乳をしていると、排卵を誘発するホルモンの分泌が抑えられるため、なかなか生理が再開しません。そのため、よく「授乳中は妊娠しない」などと言われます。

授乳中の生理再開の平均時期は、産後8ヶ月~12ヶ月位ですが、生理が再開するタイミングには大きな個人差があります。産後1年以内に生理が再開する完全母乳ママもいれば、卒乳するまで生理がこないママもいます。

完全母乳だと生理が再開しにくいと言われますが、授乳中でも生理が来て妊娠することもあります。以前は「妊娠したら断乳を」と言われていましたが、現在は「妊娠の経過が順調なら授乳も可」という意見もあります。

母乳育児だと生理の再開が遅れる?授乳中の生理について
母乳育児中は、生理を起こすホルモンの働きが抑えられているため、すぐには生理が再開しません。 生理が再開する時期には個人差が大き...
授乳中でも妊娠することはある?妊娠したら、授乳は止めないとダメ?
「授乳中は、妊娠しないって本当?」 「2人目を妊娠したら、授乳はやめた方がいいの?」 授乳中は生理がこないため「妊娠しにくい...

完母にこだわらず、ストレスフリーな育児を

完全 母乳 方法

母乳を介して赤ちゃんに免疫があげられたり、おっぱいを飲む可愛いお顔が見られたり‥完全母乳育児には、メリットがたくさん。しかし完母だと、赤ちゃんを預けての外出が難しかったり、授乳間隔が短いなどのデメリットもあります。

授乳期間中に、乳腺炎になることもあります。完全母乳でおっぱいトラブルに見舞われると、赤ちゃんもママも大変ですね。また「絶対に完全母乳で!」と完母にこだわりすぎると、少ししんどくなることもあります。

ストレスや疲れがたまると、乳腺炎になりやすくなると言われます。授乳中ママはがんばりすぎず、こまめにリフレッシュを。乳腺炎を予防する「たんぽぽ茶」もおすすめです!

たんぽぽ茶のおすすめは?母乳育児ママに人気のたんぽぽ茶3選
「たんぽぽ茶で母乳量が増えたり、乳腺炎が予防できるって本当?」 母乳育児中、たんぽぽ茶を飲み始めるママは少なくありません。たん...
この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする