母乳なのに便秘をするのはナゼ?赤ちゃんの便秘の原因と解消法3つ

母乳 便秘 赤ちゃん

「母乳育児をしてるのに、赤ちゃんが便秘気味なのはなぜ?」

母乳育児の赤ちゃんは、ミルク混合の赤ちゃんよりも便秘になりにくいと言われています。母乳で育てているのに、赤ちゃんの便秘が続いたら「母乳に何か原因があるのでは?」と心配になりますね。

・母乳育児の赤ちゃんが便秘になる原因は?
・赤ちゃんの便秘を解消する方法は?
・離乳食を始めたら、便秘になった場合は?

母乳と赤ちゃんの便秘の関係、赤ちゃんの便秘の解消法などについて、まとめてみました。

母乳育児なのに、赤ちゃんが便秘‥

母乳 便秘 赤ちゃん

「母乳育児の赤ちゃんは腸内環境が良いため、便秘をすることが少ない」と言われています。しかし実際、母乳で育つ赤ちゃんが便秘になることは、めずらしいことではありません。

大人と同じように、赤ちゃんの排便のペースにも個人差があります。赤ちゃん自身が辛そうでなければ、1~2日くらい便が出ない日があっても心配はいりません。それでも以下のような症状があれば、便秘の疑いがあります。

<赤ちゃんにこんな症状があれば、便秘かも>

・3日以上、便通がない
・ウンチが固く、乾燥している
・ウンチの形が、コロコロしている
・腹部が張っている
・機嫌が悪く、大声で泣く
・母乳・ミルクを飲まない

月齢によってウンチの回数や固さは違いますが、一般的に母乳育児の新生児は、1日に数回軟らかい便が出ます。一方、ミルク混合育児の赤ちゃんは、ウンチの回数も少なく、固めの便が出る傾向があります。

<生後1ヶ月で「便秘」と間違いやすいケース>

・新生児は授乳するとすぐに直腸が反応、ウンチが出る(胃結腸反射)
→生後1ヶ月ほど経つと、この胃結腸反射が弱まり、排便の回数が減る

授乳のたびに出ていたウンチが1日に数回しか出なくなるため「もしかして便秘?」と勘違いしてしまう

母乳育児でもミルク混合でも、2~3日に1度しかウンチの出ない子供もいますが、排便の際に苦しそうでなく、スムーズに便が出ているなら、便秘ではありません。

排便の際に赤ちゃんが顔を真っ赤にしてうなる、出る便が固く乾燥している、お腹がパンパンに張っている‥そんな場合は、早めに便秘のケアをしてあげましょう。

それでは「便秘になりにくい」と言われている母乳育児の赤ちゃんが便秘をする原因には、どんな事が考えられるのでしょうか。

母乳育児の赤ちゃんの便秘の原因とは?

母乳 便秘 原因

消化のよい母乳を飲んでいるのに、赤ちゃんが便秘になるなら、母乳の量や質、お母さんが口にする食べ物にあるかもしれません。

母乳育児の赤ちゃんの便秘の原因について見てみましょう。

1)母乳不足、あるいは飲み過ぎのため

便秘は、極端に哺乳量が少ない場合か、逆に哺乳量が多すぎる場合によく起こります。つまり、前者では便がたまらず、後者では便が腸内にたまりすぎている状態なのです。

引用:「母乳育児お助けBOOK」柳澤薫(新泉社)p.105

赤ちゃんが飲む母乳量が足りないと、便のもととなるカスも少なく、必然的に便通が少なくなります。母乳育児の赤ちゃんが便秘になったら、まず母乳不足や栄養不足を疑ってみましょう。

<母乳不足のサインとは>

・3日以上、便通がない
・おしっこの回数・量が少ない
・赤ちゃんの体重が増えない
・授乳後、すぐにまた母乳を欲しがる
・なかなか乳首を話したがらない
・授乳後の機嫌が悪い

また逆に、母乳やミルクの飲み過ぎで便秘をすることもあります。母乳を飲む量は赤ちゃんによって個人差がありますが、授乳後によく吐いてしまうようなら、「飲み過ぎ」の可能性も。

<母乳の飲み過ぎのサインとは>

・便秘、あるいは下痢をしている
・母乳やミルクを飲んだあと、吐いてしまう
・お腹が張っている

母乳不足かも?「母乳が足りないサイン」と対処法のヒント3つ
「赤ちゃんが泣いてばかりいる‥もしかして、母乳不足?」 赤ちゃんがよく泣いたり、なかなか寝ないと「もしかして母乳不足かも」と心...
母乳の飲み過ぎ?新生児の「母乳飲み過ぎ」サインと対処法3つ
「ウチの赤ちゃん、どうも母乳を飲み過ぎてる気がする‥」 新生児や生後1ヶ月~3ヶ月くらいの赤ちゃんは、まだ満腹中枢が未発達なた...

2)母乳の質が悪いため

お母さんが口にする食べ物で、母乳の質は変わります。赤ちゃんの腸は未発達なため、母乳の質が悪いと、うまく消化できず便秘になってしまいます。

赤ちゃんの便秘を引き起こす母乳とは、脂肪分の多い、ドロドロとした母乳です。ドロドロした母乳は乳腺炎の原因にもなるので、授乳中のお母さんは食べ物に注意が必要です。

<ドロドロした母乳になる食べ物とは>

・乳製品
・脂肪分の多い肉類
・油っこいもの(揚げ物など)
・甘いもの(お菓子・チョコレートなど)

ドロドロ母乳がサラサラ母乳に変われば、赤ちゃんの便秘も緩和されるはずです。サラッとした美味しい母乳を作るためには、野菜たっぷりの食生活、薄味の和食を心がけて。

育児ストレスから甘いものやジャンクな食べ物が欲しくなることもありますが、お母さん自身も赤ちゃんも不調を抱えてしまう可能性が大。できるだけ控えるほうが賢明です。

またお母さんの水分不足でも、母乳がドロドロになるため、こまめに水分を摂るようにしましょう。母乳育児のためには、ノンカフェインの温かいハーブティーやたんぽぽ茶などがおすすめです。たんぽぽ茶には母乳量アップ効果、乳腺炎予防効果などが期待できます。

たんぽぽ茶のおすすめは?母乳育児ママに人気のたんぽぽ茶3選
「たんぽぽ茶で母乳量が増えたり、乳腺炎が予防できるって本当?」 母乳育児中、たんぽぽ茶を飲み始めるママは少なくありません。たん...

3)母乳以外の便秘の原因‥赤ちゃんの「切れ痔」

赤ちゃんの便秘にはさまざまな原因が考えられますが、もし赤ちゃんが便秘をしていて、便に血がつくことがあるなら、切れ痔が原因で便秘になっている可能性もあります。

赤ちゃんの皮膚はデリケートなため、固い便を出す際に肛門付近が切れてしまい、切れ痔になってしまうことがあるのです。

ウンチのたびにお尻に痛みがあると、赤ちゃんもウンチをするのをガマンしてしまいます。排便をガマンしてばかりいると、必然的にお腹のなかに便がたまり、便秘になってしまいます。

<もし切れ痔になっていたら‥>

・肛門に、ワセリンやベビーオイルをぬってあげる
・お尻まわりの清潔を保つ

「もしかして切れ痔かも?」と思ったら、赤ちゃんの肛門あたりのチェックを。また赤ちゃんがウンチを出そうとして、いきんで苦しそうなら、ウンチを出す手助けをしてあげましょう。

 

赤ちゃんの便秘解消方法3つ

赤ちゃんの機嫌が良く母乳もしっかり飲んでいるなら、排便の回数にこだわることはありません。でももし2日以上便通がないなら、赤ちゃんの便秘解消法を試してみてもいいでしょう。

1)綿棒浣腸

赤ちゃん用の綿棒は細すぎて刺激にならないので、大人用の綿棒を使います。潤滑油かわりに綿棒の綿球部分と赤ちゃんの肛門に、ベビーオイルなどをつけます。

肛門部分を円を描くように、くるくるとなぞりながら肛門をゆるめていきます。ゆるんできたら、少しずつ綿棒を奥へ進めます。3㎝くらい入ったら、ゆっくりと前後に動かして刺激します。

引用:「母乳育児の本」こばやしひさこ(すばる舎)p.96

肛門に刺激を与えることで、ウンチの出がよくなります。刺激しているうちに、綿棒の先に黄色いウンチが付いてくるようになればOK。

あとは待っているうちに自力で出てくるはずなので、そのままオムツをつけてあげましょう。「綿棒浣腸はクセになるのでは?」と気になるかもしれませんが、その心配はありません。

また、ティッシュペーパーをこより状にしてマッサージする方法もあります。

<便秘改善に!こより浣腸のやり方>

・1枚のティッシュペーパーを、こより状にねじって細長くする
・こより状にしたティッシュを、半分に折って一本する
・こよりティッシュを、赤ちゃんの肛門の半分くらいまで出し入れする

2)お腹のマッサージ

赤ちゃんが便秘をしている時は、お母さんの手のひらでお腹を「の」の字にマッサージしてあげることも効果的です。

マッサージする際は赤ちゃんのお肌に負担がかからないように、クリームやベビーオイルなどを塗ってあげましょう。また、授乳後でお腹いっぱいになっているタイミングでお腹マッサージをすることは避けましょう。

3)下剤の替わりにプルーンを

下剤を使うときは、最も自然なものから使います。まずは薄めたプルーンジュースから始めましょう(水との割合を1:1にします)

生後4ヶ月なら小さじ1~2杯(15~30ml)、幼児には最高240mlまで与えられます。

引用:「シアーズ博士夫妻のベビーブック」ウイリアム・シアーズ他(主婦の友社)p.630

薄めたプルーンジュースは、赤ちゃんの自然な排便を促します。様子を見ながら、少しずつ与えるようにしましょう。離乳食期の赤ちゃんなら、1対1にうすめたプルーンジュースのほか、こしたプルーンでもOKです。

ドライプルーンを小さくきざんで、お湯につけて柔らかくしたものでも、便秘の解消効果が期待できます。

離乳食をはじめてからの便秘対策

離乳食が進んでからの便秘は、食物繊維が不足するために起きていることもあります。繊維の多い食べ物を積極的にあげると、腸の働きが活発になり、便通がよくなるはずです。

<離乳食期の便秘解消に効果的な食べ物>

・さつまいも
・バナナ
・りんごをすりおろしたもの など

ビフィズス菌の入ったヨーグルトに、善玉菌を増やす働きのある「オリゴ糖」を加えてあげてもいいですね。食物繊維が豊富な野菜なども、腸内の状態をよくしてくれます。

また食べ物や母乳不足でも便秘になるので、食事の量を加減してみましょう。

赤ちゃんの便秘は、自然な方法で解消を

母乳 便秘 赤ちゃん

離乳食を食べる時間が不規則でも、便秘気味になります。食べる時間・遊ぶ時間・眠る時間と、生活のリズムにメリハリをつけることも大事です。

<母乳育児の赤ちゃんの便秘の原因とは>

・母乳不足
・母乳の飲み過ぎ
・母乳の質が悪いため
・切れ痔など、母乳以外の原因も

<自然な便秘の解消方法>

・綿棒浣腸(こより浣腸)
・お腹マッサージ
・下剤替わりのプルーン

お腹のマッサージをしたり、プルーンや食物繊維の多い食べ物をあげたり‥できるだけ自然な方法で、赤ちゃんの便秘を解消してあげたいですね。

赤ちゃんの便秘がひどくて何をしても効果がみられない場合は、浣腸をしてあげるのも一つの手ですが、できるだけ浣腸や座薬に頼りすぎないようにしましょう。

赤ちゃんにたっぷり水分をあげると同時に、お母さんも母乳がサラサラになるように、こまめに水分補給して下さいね。

母乳がよく出る飲み物って?おすすめの飲み物と水分補給のヒント
母乳育児中には、温かい飲み物をこまめに摂るのが良いと言われていますが、母乳がよく出る飲み物には、どんなものがあるのでしょうか。 ...
この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする