たんぽぽ茶の効果で母乳量アップ!効果的な飲み方・作り方のコツは?

たんぽぽ茶 効果

「たんぽぽ茶」とは、たんぽぽの根や葉を香ばしく焙煎したお茶のこと。生命力の強いたんぽぽから作られるお茶には、さまざまな効果・効能があります。

なかでも「母乳の出を促す」「乳腺炎などのトラブルを予防する」などの効果で知られるため、たんぽぽ茶を愛用する授乳中ママは少なくありません。

・たんぽぽ茶の効果や成分は?
・副作用の心配は無いの?
・たんぽぽ茶の作り方、効果的な飲み方は?

たんぽぽ茶の味や、飲みやすさなども気になりますね。たんぽぽ茶の効果や選び方、美味しい作り方のコツなどについて、ご紹介しましょう。

たんぽぽ茶の効果や効能、成分って?

たんぽぽ茶 効果

たんぽぽ茶の原材料となる「たんぽぽ」には多くの効能があり、中国では古くから漢方の生薬としても使われてきました。

たんぽぽ茶は「母乳の出を促す」「乳腺炎などのトラブルを予防する」などの効能が有名ですが、他にも嬉しい効能があります。

<たんぽぽ茶の効果・効能>

・母乳の出をよくする効果
血行を促す効果から、母乳の出がスムーズに
母乳量を調整する作用もあるので、母乳が出過ぎる分泌過多ママにも効果的

・乳腺炎の予防効果
脂肪を減らす働きから、乳腺の詰まりの予防に
血液がサラサラになることで、母乳の質が良くなるメリットも

・むくみの緩和
利尿作用があるため、むくみの緩和に効果的
体内の老廃物が排出されやすくなるため、便秘の解消にも

・冷え性の緩和
たんぽぽは体を温める作用のある「陽性食品」
血行が促進されるため、冷え性改善にも効果が

・ホルモンバランスを整える効果
女性ホルモンのバランスを整える作用がある
生理痛・生理不順の改善、更年期障害の緩和にも効果的

たんぽぽ根には、カルシウムの吸収を促す「イヌリン」、脂肪の蓄積を予防する「コリン」、母乳の出を促す「タラキサンシン」などの成分が含まれています。

他にもたんぽぽ茶には、疲労回復効果、血圧を下げる効果、血糖値を抑える効果、不妊の改善効果などがあると言われています。

ちなみに、たんぽぽ茶に似た効能を持つ飲み物には「たんぽぽコーヒー」があります。原料は同じですが、香ばしく焙煎されているため、コーヒーのような風味があります。ノンカフェインなので、母乳育児中もコーヒーが飲みたいママに広く愛飲されています。

たんぽぽコーヒーのおすすめは?授乳期ママに人気のたんぽぽコーヒー3選
たんぽぽコーヒーには「母乳量がアップする」「乳腺炎を予防する」などのメリットがあるため、「授乳中は毎日たんぽぽコーヒーを飲んでいる」...

たんぽぽ茶は妊活にも効果的?不妊は改善される?

たんぽぽ茶 不妊

妊活をしている方がたんぽぽ茶を飲むことで「妊娠力がアップする」というデータもあります。

<妊活に効果的と言われる理由>

・血行を促す働きがある
→子宮・卵巣の血流がよくなることで、着床が安定する

・女性ホルモンバランスを整える
→生理不順を改善、生理周期が整いやすくなり、妊娠しやすい体に

・冷え症を改善する
→冷えが改善されることで子宮まで栄養が行き渡り、不妊の改善に

たんぽぽ茶には、卵子の質を高める卵胞ホルモン「エストロゲン」を増やす働きがあるとされるため、妊活にも効果的です。

ビタミン・ミネラルや鉄分も豊富なので、不妊治療とあわせてたんぽぽ茶を飲む妊活中の方も少なくありません。

たんぽぽ茶の副作用・デメリットって?

たんぽぽ茶に西洋薬のような副作用はありません。ただし「利尿作用」があるので、大量に飲むとトイレが近くなるというデメリットがあります。

また血圧を下げる働きがあるため、低血圧の方は飲み過ぎに注意しましょう。逆に高血圧の方には、血圧を下げる効果が期待できます。

たんぽぽ茶の作り方のコツは?

たんぽぽ茶 作り方

たんぽぽ茶を作る際は、必ず100度近い熱湯で抽出するようにしましょう。たんぽぽ茶の有効成分は、熱湯で作ることで十分に抽出されます。

冷たいたんぽぽ茶を飲みたいときも「水出し」ではなく熱湯で。少量の熱湯で濃い目に抽出してから、氷などを入れて冷やして下さい。

またたんぽぽ茶は、飲みやすいものもありますが、メーカーによっては少し苦味があることも。もし「飲みにくい」と思った時は、飲みやすくアレンジしてみましょう。

<美味しいアレンジレシピ!>
・牛乳や豆乳を加えてミルクティー風に
・黒糖、ハチミツで甘みを加えてもOK

牛乳や豆乳などを加えてミルクティー風にすると、味がグッとまろやかになります。黒糖やハチミツで甘みを加えてみるのもおすすめです。

たんぽぽ茶の効果的な飲み方3つ

たんぽぽ茶 飲み方

「たんぽぽ茶で母乳量アップ効果を実感したい!」というママは、どのような飲み方をすればいいのでしょうか。たんぽぽ茶の効果効能を十分に引き出す飲み方について見てみましょう。

1)できればホットで飲む
体を温めて血流を促すことで、母乳の出もよくなります。できればホットで飲みましょう。

2)夏でも常温のものを
体を温めるためにはホットがいいのですが、夏は冷たくして飲んでもOK。できれば冷蔵庫で冷やしたものではなく、常温程度のものを飲みましょう。

3)こまめに飲む
たんぽぽ茶には利尿作用があるため、一度にたくさん飲むとトイレが近くなります。一度に飲まず、こまめに飲むようにしましょう。

たんぽぽ茶には「1日何杯まで」という制限や、摂取量の目安などは特にありません。カフェインが含まれないので、寝る前に飲んでもOkです。

たんぽぽ茶の選び方の注意点

それでは授乳中ママがたんぽぽ茶を選ぶ時には、どんなことに注意して選べばいいのでしょうか。

・安全性が保証されているものを
→授乳中ママが口にしたものは、母乳を介して赤ちゃんの口にも入ります。無農薬の原材料を使用しているかなど、商品の安全性は十分にチェックしましょう。

・手軽にお試しできるものを
→たんぽぽ茶の味・風味も重要です。母乳育児や妊活のためといえ、自分の苦手な味のお茶だと長続きしません。お試しサイズがあるもの、初回は安く買えるものがおすすめです。

たんぽぽ茶に薬のような即効性はなく、毎日飲み続けることで効果が実感できます。長続きするためには、飲みやすく、続けやすい価格のものを選びましょう。

たんぽぽ茶のおすすめは?母乳育児ママに人気のたんぽぽ茶3選
「たんぽぽ茶で母乳量が増えたり、乳腺炎が予防できるって本当?」 母乳育児中、たんぽぽ茶を飲み始めるママは少なくありません。たん...

母乳育児ママに一番人気のたんぽぽ茶は

たんぽぽ茶 効果

母乳育児ママに人気のたんぽぽ茶としては、ティーライフの「たんぽぽ茶清らかブレンド」がよく知られています。「クセがなくて飲みやすい」と評判のお茶で、育児雑誌などでもよく紹介されています。

「たんぽぽ茶清らかブレンド」は、完全無農薬のたんぽぽ根から作られています。コスパもよく、お試し10日用は730円(送料無料)。ティーバッグ1個で、たっぷり500mlのたんぽぽ茶を作ることができます。

たんぽぽ茶 効果

「母乳量がアップした!」など口コミでも人気の「たんぽぽ茶清らかブレンド」。30日間の返金保証付きなので、気軽にお試ししてみて下さいね。

>たんぽぽ茶ブレンドが選ばれる理由は?

ティーライフ「たんぽぽ茶清らかブレンド」効果や成分、口コミは?
ティーライフの「たんぽぽ茶清らかブレンド」は、母乳育児ママ定番のお茶。今までに10万人以上の方に愛飲されている人気のブレンドティーで...
この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする